大人ヌルゲー説!?/大人は本当にヌルゲーなのか??

〇〇説
こんにちは。サムです。

 

今回は、『大人ヌルゲー説!?』をテーマにお話ししていきます。

 

以下の吹き出しは、私が子供の頃、大人に対して感じていた印象です。言葉が悪いので申し訳ないですが、皆さんはこんな印象をもった経験ありませんか?

 

仕事するってほんと大変。

子供は楽でいいよ。外で元気に遊んでいればいいんだからなぁ。それが仕事みたいなもんだし。

仕事して帰ってきてから、料理作って、掃除して、洗濯して、もうなんで大人はこんなに忙しいのよ。

お金稼いでくる奴が偉いんだよ。子供のお前には無理だろ。文句があるなら、お金稼ぐようになってから言え。食わせてもらってる分際で。

はぁあ、疲れちゃう。ほんと大人は我慢しないといけないから。言いたいこともなかなか言えないし。やっぱ大人って大変ね。

 

少しでも「ある❗️」と思った人は挙手🙋‍♂️🙋‍♀️🙋‍♂️🙋‍♀️

 

私は、大人のこういう雰囲気を感じてはすごく嫌な気持ちになっていました。

 

子供時代にこんな経験をするたびに、

  • こんな大人だけにはなりたくない
  • 子供に希望を持たせない雰囲気を出す大人なんて最低だ
  • そもそも子供を完全下に見ている

ということを考えていました。

 

それと同時に、

大人になったら絶対見返してやる❗️

本当に大人が大変か実際に確認してやる❗️

と強く思っていた子供時代を思い出しました。ほんと、可愛くない子供ですよねww

 

そんな私が、実際大人になってみて感じたことをお話しします。そんなに大人は大変なのか?大人って偉いのか?実際に仕事を始めてお金を稼ぐようになってから、色々な経験をしましたので、そんな体験も含めて、『大人ヌルゲー説』を解説します。

 

 

大人は本当にヌルゲーなのか??

 

結論から言います。

『大人はヌルゲー』です‼️

以上になります。ww

 

これだけだと、何言ってんだこいつとなるので、深掘りしていきますよ〜。

 

 

そもそも’’ヌルゲー’’の意味って??

 

まず、『ヌルゲー』という言葉の意味を確認しておきます。

そもそも『ヌルゲー』ってどういう意味でどんな時に使うのでしょうか?

 

ヌルゲーとは、難易度が低く、簡単にクリアできてしまうゲームのこと。
そのような、まったくつまずくことなくクリアできてしまうゲームを指す言葉。

転じて、実生活でも『簡単にできること』を指して使うこともある。

抜粋:ヌルゲー ネットスラング

 

‘’ぬるい’’’’ゲーム’’の略で、『ヌルゲー』なんですね。所謂、ネットスラングです。

 

使い方としては、

「このゲームヌルゲーじゃね?」

「人生ヌルゲーだわ。」

といったところでしょうか。

 

基本的に

『楽勝』

という状況を表現する際に使われるのかなと思います。

 

『ヌルゲー』 = 『楽勝』 

と考えてもらえば、問題ないでしょう。

 

 

いや、大人はヌルゲー(楽勝)ではないだろ??

 

言葉の意味を確認して、このように思った方もいるのではないでしょうか?

 

  • いやいや、大人は大変だよ
  • 確実に楽勝ではないだろ
  • 大変さで言えば「子供 < 大人」だな

 

そんな意見ももちろんわからなくはありません。

ただ、冒頭で言ったように、私は『大人こそヌルゲー』だと考えています。

 

 

「大人ヌルゲー説」の理由

 

大人はヌルゲー、ヌルゲーと言ってるだけでは意味がわからないと思うので、ヌルゲーだと思う理由を説明していきます。

 

大人は答えを自分で決められる

小学校の算数の授業を思い返してください。

例えば、

1+1=◻︎◻︎   という問題に対し、

答えは’’2’’と誰もが回答しますよね。

もしここで、

’’3’’ と誤った数字を回答したり、

’’ここでは2ですが、全ての事象にあてはまるとは限らない’’ と文章で回答したりすると 点数はもらえないでしょう。

ユーモアのある先生だと、面白い文章を書けばおまけで点数をくれるかもしれませんがw

 

このように、小学生〜大学2年ごろまでは、提示された問題に対してそもそも答えがあり、その答えをその通りに答えないと、正しいこと・正しい人として認められませんでした。

クラスの中で、よく頭がいい人とか優秀な人と言われていた人は、所謂、答えを正しく回答できる能力を持っている人なんですね。

 

ということは、正解とされる答えのレールを通らないと、正しいと評価してもらえません。模範解答通り、正しく答えることが正とされるのです。

この状況に対し、子供の頃、生きづらいと感じることがありませんでしたか?

 

一方、大人は問題や課題に対して、自分で答えを決められます。設定できます。

ここが、ポイントです。

 

社会に出てからの問題や課題は

算数の問題のように一つの答えに絞ることがほぼほぼ不可能です。

理由は、問題が複数に絡み合っていて、ひとつを良くしようと思えば、もうひとつが悪くなる、といった現象が生じるから。

故に、バランスを取った解決策が必要で、そこに模範解答はありません。

だからこそ、自分で答えを勝手に決めちゃえばいいんです。

答えを決めれば、それが答えになる。

算数の話に言い換えれば、問題の解答を自分で作って、その通りに回答し、点数がもらえるといった感覚ですね。

これはこれはヌルゲーでしょうw

 

答えに到達するまでのアプローチ(手段)さえ決めればOK

先に、問題を解決するための答えを決めました。

これで、大人版試験では100点取れます。ww

何回やっても満点を取れるでしょう。

 

大人がやるべきことはひとつだけだと考えます。

それは、『問題〜答えに至るまでのアプローチ(手段)を決めること』です。

答えは、自分で好き勝手に決めれます。これは先ほど説明しました。

その決めた答えに、どう繋げていくか?

大人になって注力して考えることはここだけだと考えます。

 

簡単な例を挙げるなら、

‘’4’’という答えがあったとします。

 

子供の場合は、

「2+2=」 というアプローチが事前に提示されていたので、答えの’’4’’を回答していました。

 

大人の場合は、

①2+2

②1+1+1+1

③2×2

④8÷2

など、’’4’’に導くための方法をたくさん出して、自分が良いと思う方法を選択する。

これだけに注力すれば、それでOKなんです。

学生時代のように、ひたすら暗記をしたり、たくさんの予想問題を解いたり、教科書の書き写しをひたすらやったりする必要はありません。

 

これはやっぱりヌルゲーでしょうw

 

自分の判断で物事を決められる

基本的に、大人になると自分で判断し、物事を決めていくことができます。

もちろん組織として会社の中で仕事をするためには、上司への説明や説得が必要で、全てが全て思い通りにいかない場合もあります。

ただ、これも子供時代より大幅に緩和されているはずです。

 

子供の時は、

「先生の言うことは絶対だ」

「親の言うことは絶対だ」

というように、学校でも制限され、家に帰ってからも制限されと、寝ている時間以外はほぼ他人からの制限の中で生きています。

寝る時間も制限されてたような気も、、、ww

 

一方、大人になると、ある程度のことは、自分の判断で物事を決めることができます。自分の判断で行動することができます。

もちろん、判断範囲が可能となった代わりに、それなりの責任も発生してくるのでそこは注意が必要ですが、、

といいつつも、法律違反をしなければ、急に捕まったり拘束されたりすることはないはずです。

 

子供時代のように、行動を他人が制限していた状況に比べると、大人は自由に自己決定が行動できる。

もう無双状態ですね。

やっぱり大人はヌルゲーです。

 

 

最低限のことをしてさえいれば他の人からガヤガヤ言われる心配がない

 

大人は責任のもとで、行動の自由を得ています。ということで、他の人から色々言われることも極端に減ります。

子供の頃は、

朝起きるときに

「まだ寝てるの!早く起きなさい!」

と言われ、

テレビを見ながらご飯を食べていると

「学校遅刻するわよ!ご飯を早く食べなさい!テレビも消す!」

と言われ、

学校に行っても先生から

「宿題してないのか!」「また忘れ物して!」「服装がなっとらん!」

と言われ、

家に帰ってきても

「宿題したのか?」「テレビ見てる場合か?」「早く寝なさい!」

と言われました。

 

一方、大人になれば、こんなことは一切言われない、と思ってもらっていいです。

他人からのガヤがなくなります。

 

もう、ヌルゲーですね。

 

 

大人になってヌルゲーとなるためには??

 

大人になって、ヌルゲーとなるためには次のような力があればそれでOKです。

 

自分で決定できる力

大人になると、「問題の答え」や「問題までのアプローチ」、「行動」を自分で判断し決定する回数が増えます。

それ故、何事も自分で判断し決定できる力が必要となります。

これができれば、『大人こそヌルゲー』信者の仲間入りです。

 

自分を叱れる力

大人になると、周りの人が自分に対して気づいていてもなかなか指摘してくれなくなります。

それ故、自分を律して、他人ではなく自分を叱る力が必要となります。

これができれば、『大人こそヌルゲー』信者の仲間入りです。

 

 

まとめ

今回は、『大人はヌルゲーなのか!?』について説明してきました。

結論は、『大人はヌルゲー』だということです。

周りの干渉も減り、自分の考えで自分のやりたいことをどんどんやることができます。素敵ですよね。

大人になれば、自由な時間に制限が出てきますが、自分の時間を作れるとお金もあるので色々なことに挑戦できます。

私も、ブログ記事を書くという新たな挑戦を始めているところです。

個人個人が各々ワクワクすることをやって、大人の時間を楽しみましょう❗️❗️

ではでは👋

 

 

 

〇〇説
シェアをお願いします!
サムさんをフォローする
サムさん

中学受験失敗⇨公立高⇨国立大⇨公務員⇨自由人⇨海外⁇
公務員試験に全て合格した経験を多くの人に届けたいとブログを開始。
最近はプログラミングやSNS(Twitter ・Instagram)、お金・税金・貯金、英語について勉強中。
美味しいものを食べて飲むこと、サッカー、野球、ポーカーにハマってます。
身長181㌢、体重65㌔の縦長日本人。

サムさんをフォローする
サムさんBlog

コメント

【 Twitterやってます 】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
いつも最後まで見ていただいてありがとうございます。
最新情報をお届けします。
もしよろしければ応援とフォローをお願いします。
タイトルとURLをコピーしました