公務員試験に合格する方法は!?試験日程を把握して計画的に勉強を進めることが重要!公務員合格の実体験談より

公務員関連

こんにちは。サムです。

今回のテーマは、『公務員試験に合格する方法』です。

「公務員になりたい」とか「公務員に転職したい」と思っている方々へ。

公務員に効率よく合格する方法を教えます。実は、公務員試験に合格するためには、いくつかコツがあるんです。

そのコツを事前に知っているか知っていないかで最終的な合否に大きく関わってきます。

学生で公務員試験を受験する人は多少時間に余裕があるかもしれません。

私も大学生時代に公務員試験の勉強をしていました。大学時代は自由な時間が多くあったので、朝から夜まで自分の時間をどのように使うかコントロールすることができました。学生の時は、ある程度時間を制限すれば勉強時間を確保できます。

しかし、社会人になると平日は仕事で1日潰れ、土日も仕事や家事・育児に追われて中々自分の時間を作れない人も多いのではないでしょうか。勉強する時間なんてないですよね。。。

今回は、このような仕事に忙しいけど公務員に転職したい!そのために、限られた時間の中で公務員試験に合格したい!という方に特に伝えたい内容です。

公務員になるため、効率よく公務員試験に合格できる方法です!

それでは、いってみましょう!

公務員試験に効率よく合格するためにはこれ!先ずは公務員試験の日程を知ろう!

公務員はいまだに人気のある職業です。それゆえ、公務員になりたいと考えている就活生も多いのではないでしょうか。また、公務員に転職したいと思っている人もいると思います。実際、民間企業から公務員に転職する人は多くいます。民間企業から公務員になるためには、一定の年齢制限がありました。国家公務員で30歳以下、地方公務員の大卒枠で30歳程度といった感じです。ただ、近年では年齢制限を緩和する自治体が増え、社会人枠や経験者枠を設ける自治体もあります。このように現在は、公務員への転職がしやすくなっている環境なんです。

公務員試験の日程を把握することは公務員試験合格への大きな一歩

公務員試験に合格するためには、まずどの試験がどの期間に実施されているのかを知ることが必要です。試験日程を早めに把握することで、勉強時間の逆算をすることができますし、働いている人は休暇が取れるか事前に準備することができます。

2019年度(平成31年度→令和元年度)の公務員試験日程は?

今年度実施された主な公務員試験の日程を整理してみました。(赤色:試験日、橙色:国家公務員、青色:地方公務員)

実施の日程は、毎年大きく変わることはありません。今年度の日程を知っておけば、来年度の試験の準備ができます。

2019年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月
①国家総合職 4/28(日):1次試験 5/10(金):1次試験合格発表

5/26(日):2次筆記試験

5/28(火)〜6/14(金):2次人物試験

6/25(火):最終合格発表

6/26(水):官庁訪問開始

6/26(水)〜7/9(火):官庁訪問第1〜5クール

7/9(火):内々定解禁

10/1内定
②東京都庁

(Ⅰ類B)

5/5(日):1次試験 6/5(水):1次試験合格発表

6/22(水)〜6/28(金):2次試験※指定する1日

7/19(金):最終合格発表 10/1内定
③労働基準監督官 6/9(日):1次試験 7/2(火):1次試験合格発表

7/16(火)〜7/18(木):2次試験※指定する日

8/20(火):最終合格発表 10/1内定
④国家一般職 6/16(日):1次試験 7/10(水):1次試験合格発表

7/17(水)〜8/2(金):2次人物試験

8/20(火):最終合格発表 10/1内定
⑤都道府県庁

市町村庁

6/23(日):1次試験 7月上旬〜中旬:1次試験合格発表

7月中旬〜8月中旬:2次試験

※自治体により日程が異なる

8月上旬〜下旬:最終合格発表 10/1内定

4月上旬から始まる試験もあります。また、試験によっては10月以降も実施されている試験があります。ただし、このような試験は受験資格に制限があったり合格者枠が少なく倍率が大幅に上がる場合もありますので、しっかりと事前に下調べをしてください。

今回は、①国家総合職②東京都庁③労働基準監督官④国家一般職⑤都道府県庁・市町村庁5つしか紹介していませんが、そのほかにもたくさんの試験があります。こちらのサイトで、詳しく紹介されているのでその他の公務員試験を受験しようと考えている人は参考にしてください。 ⇨公務員試験日程一覧(2019年)

日程を見てわかるように、6月〜8月ごろは1次試験や2次試験が実施され、忙しくなることが予想されます。また、筆記試験は通常、日曜日に開催されていますが、人物試験(面接試験)は平日に平気で行われます。さらに、人物試験(面接試験)の日程は、1次試験の合格発表後の通知となる場合が多く、急に平日の休暇を取る必要が出てきます。このため、公務員試験を受験する人は、6月〜8月の期間は予定をしっかり空けておくことをお勧めします。

受験する公務員試験を早めに決めて目標を立てよう!

まず公務員試験の日程を確認しました。

次に必要なことは、どの公務員試験を受験するかを決めること。

ちなみに私は、上表の試験①〜⑤を全て受験しました。受験できる試験は全て受験した感じです。

その人の状況や環境で、受験する試験内容は異なると思います。もし、何を受験すればいいか決められないという人がいれば、私が受験した①〜⑤の試験を受験してみてはいかがでしょうか?1次試験である筆記試験の勉強内容は、ほぼほぼ同じ範囲の勉強でクリアできます。

私も公務員試験の受験勉強をしているときは、あまり明確にどこを受験したいということを決めていませんでした。今思えば、「ここに行きたい!」という強い思いを持って受験していた方が良かったのかなと思います。

事前に受験する試験を決めておくメリットは以下のとおりです。


  1. いつごろ試験が実施されるか早い時期に把握できる
  2. いつごろまでに公務員試験合格できるレベルまで達する勉強をする必要があるのか把握できる
  3. 受験申込を忘れない ←当たり前だけどこれ大事!試験日は覚えているけど受験申込はあまり気にしないから。試験が立て込んでくるとつい忘れてしまうので気をつけて!
  4. 2次試験からの面接試験で合格したい強い想い(志望理由)を伝えることができる

受験する公務員試験が決まったらカレンダーに記入しよう

受験する公務員試験が決まったら、スケジュール帳に記入しておきましょう。

記入するのは紙の手帳でもいいですし、Googleカレンダーでもいいです。カレンダーに記入するのは、試験がいつあるかを把握するのが目的です。

また、複数の試験を受験する場合は特にスケジュール管理をしっかり行ってください。1次試験に合格するとその都度、2次試験以降の試験日が通知されます。6〜7月ごろは試験が立て込み、間違えないと思っていてもついつい日程を間違っていたり勘違いしたりしてしまいます。しっかりと100%の力で試験に臨むためにも、スケジュール管理が最も重要です。

受験する公務員試験を決めた時点でカレンダーに記入する。このことをしっかり心に留めておいてくださいね。

いつ頃から公務員試験の勉強を始めればいいの?

目標とする公務員試験は?

一般的に、4月下旬に実施される国家総合職試験を目指して勉強すれば問題ないと思います。

4月下旬には公務員試験合格レベルまで達するような勉強を実施していきましょう。

試験勉強の開始時期オススメは9月ごろから!それ以降で開始する人は今から始めよう!

4月下旬に公務員試験合格レベルまで達しておくためには、早くから勉強に取り組むことに越したことはありません。やはり、早くから取り組んでいる人の方が有利です。

目安としては、9月ごろから下調べを始めて、少しずつ勉強を開始することをお勧めします。

私の場合、大学で開催されていた公務員講座を受講していました。大学の講義終了後、18時から21時ごろまでです。この公務員講座を受講し始めたのが9月ごろでした。

ただし、講座は座学で始まるため、序盤は公務員試験の概要や試験内容の把握といった大まかな講座でした。このため、9月からの勉強開始は少し早いかもしれませんが、9月ごろから勉強したことである程度余裕を持って試験に臨むことができました。

私は、9月から4月下旬まで公務員勉強を継続していたので、公務員勉強に8ヶ月ほど費やしています。

このため、5月以降は復習を繰り返し行って、6月下旬に実施される「都道府県庁・市町村庁」の試験に照準を合わせてゆとりを持った勉強をしていました。

これを聞くと、今からでは遅いと感じる人もいるかもしれません。今からでは合格できないと思って諦めてしまう人もいるかもしれません。そんな人は、今この瞬間から始めてみましょう。勉強を開始するには、今この瞬間が最も早いですよ。

焦らず、先ずは「どの公務員試験を受験するか」これを調べることから始めましょう。

まとめ

今回は、公務員試験に合格する方法をお伝えしました。公務員試験で効率よく合格を勝ち取るためには、試験勉強を一生懸命することも大事ですが、それ以上にどんな試験がどんな日程でどの時期に実施されているのかを調べることが最も重要になります。事前に相手を知るということです。

おさらいです。

  1. 公務員試験の日程を調べる
  2. 受験する公務員試験を決める
  3. 決まったら試験日を手帳に記入する
  4. 逆算して試験勉強の開始時期を決める(9月ごろから取り組むことがオススメ)
  5. 4月下旬開催の国家総合職試験を目標に勉強を進める

相手を知ることができれば、何をいつまでにすれば良いか明確な計画を立てることができます。計画が立てられれば、逆算して勉強時間をこれくらい確保しないといけないというスケジュールを作ることができます。

これが、公務員試験に合格するための最も効率的な方法です。上記の1〜3をとりあえず実行してみてください。やってみるとすぐできるはずです。1〜3を先にやることで、合格に大きく近づきますよ!!

さあ、ここから公務員試験合格への道を歩き始めましょう。

参考になれば嬉しいです。

今後は、実際に勉強をしていく上でのスケジュールの立て方や勉強方法、何を勉強すれば良いかについて記事を書いていきます。来年の今頃、公務員試験に合格して笑顔でいる皆さんを想像しながら一生懸命ブログに情報を挙げていきますのでよろしくお願いします。

ではでは👋

公務員関連
シェアをお願いします!
サムさんをフォローする
サムさん

中学受験失敗⇨公立高⇨国立大⇨公務員⇨自由人⇨海外⁇
公務員試験に全て合格した経験を多くの人に届けたいとブログを開始。
最近はプログラミングやSNS(Twitter ・Instagram)、お金・税金・貯金、英語について勉強中。
美味しいものを食べて飲むこと、サッカー、野球、ポーカーにハマってます。
身長181㌢、体重65㌔の縦長日本人。

サムさんをフォローする
サムさんBlog

コメント

【 Twitterやってます 】
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
いつも最後まで見ていただいてありがとうございます。
最新情報をお届けします。
もしよろしければ応援とフォローをお願いします。
タイトルとURLをコピーしました